記事一覧

提灯竿もみは関東の奇祭♪

2017古河提灯竿もみまつり!

【第157回古河提灯竿もみまつり】
日時
 2017年12月2日(土)
 午後4時~午後9時
会場
 JR古河駅西口おまつり特設会場
※小雨決行

「今夜べぇだ!今夜べぇだ!!」
今年も提灯もみの日がやってきました♪
江戸時代から大切に受け継がれてきた
歴史ある提灯竿もみまつり!

ざっくり言うと・・・
建仁年間(1201年~1203年)に
始まったと伝えられてる
野木神社の七つの末社をめぐる
『七郷めぐり』て言う神事があって
神主さんたちが11月27日から
1日1社めぐって12月3日の深夜に
野木神社に帰ってくるのよ!
たくさんの人たちが提灯を持って
神主さんたちが帰って来るのを
出迎えるんですけど。。。
夜は冷えますよね~
寒さをしのぐために揉み合いが・・・
これが提灯もみの竿もみの始まりのようです♪

野木神社って栃木県野木町でしょ?
何で古河で提灯竿もみやってんの??
不思議に思うでしょうが・・・
江戸時代は野木は古河藩領でしたが
明治初期の廃藩置県で野木は栃木県
古河は茨城県に分けられちゃって
野木神社の提灯もみに
行かなくなった古河の人たちは
古河の繁華街だった横町(横山町)に
自然と集まり提灯もみを始めたようです。

今回で157回って事ですが・・・
明治初期の廃藩置県から
古河でも始まったとするなら
計算が合いませんね。。。
廃藩置県が1871年で今から146年前。。。
途中開催されなかった期間もあった訳で
廃藩置県以前からやってた事になりますよね?
野木神社で提灯もみを終えた若者たちが
まだ揉み足りね~って言って
横町で提灯もみ出したってのが始まり
って説もあるようなので廃藩置県以前から
横町での提灯もみが行われてたのでしょう!
ちなみに江戸時代初期は
提灯もみが開催されてた横町の通り
今で言う横山町通りは野木町で
江戸時代後期に横町ってなったようです。

野木神社で毎年12月3日に
長さ4メートルの竹竿に付けた提灯を
子供たちが揉み合います♪
古河では12月の第1土曜日に
長さ20メートル近い竹竿で
提灯もみが行われます!
今では横山町ではなく
JR古河駅西口おまつり特設会場で
行われてます。

2017年12月2日撮影
2017古河提灯竿もみまつり
子どもパレード

2017古河提灯竿もみまつり2

2017古河提灯竿もみまつり3
子ども部門

2017古河提灯竿もみまつり4
子ども部門

2017古河提灯竿もみまつり5
子ども部門
大人の提灯より短め・・・
子どもでも馬鹿にはできませんよ♪
本気モードで迫力あるのよね!

2017古河提灯竿もみまつり6
大人部門
20メートル近い竹竿の先につけた提灯を
激しく揉み合いながら
相手の提灯の火を消し合います♪

2017古河提灯竿もみまつり7
激しく提灯をぶつけ合うので
ロウが飛び散るんですよね!
揉み手はロウまみれ・・・
提灯が燃えて火の粉も落ちてくる
刺激あるまつり♪

2017古河提灯竿もみまつり8
最初からこんなに長い竿提灯じゃなかったはずで
提灯竿もみが横山町通りで行われるようになって
長くなったようで・・・
古河の繁華街だった横山町通り
2階窓から見物してる馴染みの女郎に
自分の提灯が良く見えるように
長くなったようで・・・
要するに女性へのアピール合戦。。。
ところが長くなると1人では支えきれず
数人で1本を支えるようになったようです!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

提灯竿もみまつり

「おかえり」とも呼ばれてましたよね。
提灯竿もみまつりが始まると 冬の到来を感じます。
昔は横山町で行われてましたが
あの横山町通りが昔 野木町と呼ばれていたことは知りませんでした。
お祭りの丁寧な説明をしてくださいまして
ロマンさん どうもありがとうございます。

midori さんへ!

コメントありがとう!
今年の提灯もみもたくさんの人でしたよ!
横山町通りが野木町と呼ばれてたのは
江戸時代初期で大東社がある通りが
横町って呼ばれてたようです!
江戸時代後期には横山町通りも
横町って呼ばれるようになり
明治時代には横山町になったようです!
古河の歴史が詳しく書いてある
「古河史楽会」のHPがあります!
かなり勉強になりましたよ!
古河史楽会でググれば出てきますよ♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ロマン

Author:ロマン
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

QRコード

QR